役に立つ人間になりたい。



2007/06/10



いるだけで邪魔になっているんじゃないか、と。
人に会うのが怖くなる。ほんとにほんとにわたしはここにいていいんですか、と確かめたくてたまらなくなる。 こう考えてしまうこと自体、自分がうざったい人間であることを示している気がして嫌になる。



2007/06/10



 薄っぺらな言葉ばかり吐き出してる。



2007/06/11



いらいらいらら。
寂しい、それもあるけど、それだけじゃないなにか。苛立たしさがただつのる。



2007/08/19



明け方 突如 涙腺崩壊
あー… びっくりした。



2007/09/27



生きていてもいいのかもしれない、と。ふと思えた。
ずっとずっと、わたしなんかいなければいいのに、と呪文みたいに唱えていたけれど。



2007/10/03



「わたしなんかこの先一生きっと誰にも欲しがられたりしない」
「こんな自分なんか、この人の他に、欲しがる人いないんだから、あげてもいいや」



「もう、どうでも、いい」



2007/10/13



 深夜に驚天動地(「世間を非常に驚かせること」の意だから、 個人的な出来事に使うのは大げさすぎるというか間違っているのかもだけれど、 なんか……自分にとってはこのことばを当てはめたいくらいびっくりだったんだ)の出来事が起こって…… 出来事が起こってというか知らせがもたらされて、自室で混乱しすぎて呆然としてたはずなのに、 その後いつの間にかちゃんと寝てて、朝ごはんに間に合う時間(寮の朝食は午前7時〜8時半に出されるので、 その時間帯に食堂に行かないと食べられないのです)にはちゃんと起きてた。丈夫にできてるなあ自分、と思った。

2007/11/24







back