角田光代 『愛がなんだ』 角川文庫

 再読。主人公に「感情移入」はできないけれど、描き出される心情に関してはかなり「共感」できる、 身につまされる箇所がたくさんありました。この「『人物』に感情移入はできないが『共感』できる箇所がある」 感覚はどこかで味わったことが……あ、森絵都さんだ。特に『つきのふね』『カラフル』『永遠の出口』あたり。  表紙がすごく切ないな。もう片方の手袋をしてくれる相手は不在、なんですよね。

 考えていると、私のすべてが彼を苛つかせるのに値するように思えてくる。空車ランプを見過ごすところとか、目のかたちとか化粧のしかたとか、今着ているカットソーとスカートの組み合わせとか、尻とか呼吸のリズムとか、もう私の全部が全部。(P.13)

「おれさあ、山田さんのそういうとこ、ちょっと苦手」(中略)「そういう、五周くらい先回りしてへんに気、つかうとこっていうか。逆自意識過剰っていうか」(P.111)

私も向かう先は改札口なのだが、私といっしょじゃいやなのだろうとその場でマモちゃんのうしろ姿を見送り、これもまた五周先回りの逆自意識かとはたと思い、ならばといっしょに帰ろうとマモちゃんを追いかけようとし、しかしそういうあれこれを考える自分にほとほと嫌気がさして、結局そこから動けずにいた。(P.112)

 時と場所によって変わる「自分」への人からの評価や、自分が住んでいない町のよそよそしさや、 相手に期待しすぎないように必死で悲観的仮定を思い浮かべる思考回路など、 身に覚えのある気持ちがいちいち簡潔に文章化されているのでした。

 顔が好みだの性格がやさしいだの何かに秀でているだの、もしくはもっとかんたんに気が合うでもいい、プラスの部分を好ましいと思いだれかを好きになったのならば、嫌いになるのなんかかんたんだ。プラスがひとつでもマイナスに転じればいいのだから。そうじゃなく、マイナスであることそのものを、かっこよくないことを、自分勝手で子どもじみていて、かっこよくありたいと切望しそのようにふるまって、神経こまやかなふりをしてて、でも鈍感で無神経さ丸出しである、そういう全部を好きだと思ってしまったら、嫌いになるということなんて、たぶん永遠にない。


読了日:2006/09/14 →日記での言及ページ その1(読んだきっかけ)その2(読了後の感想)その3(再読時)


角田光代著作リスト