ライオンハート(恩田陸)/新潮社

 「エアハート嬢の到着」「春」「イヴァンチッチェの思い出」「天球のハーモニー」「記憶」と、 5つの物語に分かれています。


 1932年のロンドン近郊で、1871年のシェルブールで、1905年のパナマで――時を越えて、 エドワードとエリザベスのふたりはさまざまな場所で出会います。出会う前から何度も相手を夢に見て、 自分の幻想ではないかと疑いながら、夢に現れるその人に実際に会いたいと願い続けても、 実際に会うことができるのはほんの短いひとときで、すぐに別離が訪れます。 出会えないまま人生を終えてしまうことすらあるのです。


 「時を越えて何度も巡り会う」というと、とてつもなくロマンチックなお話に思えるのですが……いや、えっと、 とってもロマンチックなお話にはちがいないし、「会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…」 とか一部の台詞だけ抜き出すと、恥ずかしくなってしまうほどなのですが、 全体を通して読むと決して過剰に装飾されている感じはしなくて、読んでいて心地いいのです。


 素敵な物語にどっぷり浸れて、読んでいるあいだじゅう幸せでした。

以下、ネタバレです。
 ほんの短いひとときしか一緒にいられないエドワードとエリザベスですが、 最後の「記憶」が相手がそうとは知らないまま夫婦となった二人の物語であったことが、とっても嬉しかったです。


読了日:2006/05/25 →日記での言及ページ


恩田陸著作リスト