優しい音楽(瀬尾まいこ)/双葉社

 『優しい音楽』『タイムラグ』『がらくた効果』の三編を収録した短編集。 瀬尾まいこさんの作品って、食事のシーンが本当においしそうに書かれていますね。

 『タイムラグ』は・・・不倫相手に子どもを預ける話っていってしまうと、とんでもなくどろどろな話に聞こえるなぁ ・・・でもちょっぴり笑えるところもあって感動もできて、最後には読んでよかったって思える。

私が高校時代に付き合っていた男の子は、恐ろしく本を読む子だった。 休み時間も、文庫本を読んで教室で過ごしていた。当時、幼かった私は、そんなクールな彼が大好きだった。 教室のごたごたや、他の男子の騒動には関わらない。さらりとした顔をして、いつも平然と本を読んで過ごしていた。 読書家だけあって、彼の話は豊富で、奥深かった。私の知らないことをいっぱい知っていた。 最初、私もそんな彼の話に夢中だった。だけど、話せば話すほど、だんだんつまらなくなってきた。 実体験のない話は中身がない。彼の話はただの知識の披露に過ぎなかった。 高校生活の中には本の中以上にすごいことがある。本の世界みたいに壮大ではないし、おしゃれではないけれど、 本の中より深刻で愉快なことがある。きっと彼は、そういうものに向き合う能力がなかったのかもしれない。 それに気付きはじめたとき、私は彼に対して興味を持てなくなってしまっていた。(P.95)

 印象に残ったのはこの部分。本の中でしか学べないこともあるけれど、 実体験でしか学べないことだってたくさんあって・・・うん、両方大事にしたいなぁと思ったのでした。

 『がらくた効果』は、同棲中のはな子と章太郎が礼儀正しい元大学教授のホームレスのおじさん ・佐々木さんと同居することになる話、かな・・・はな子さんのむちゃくちゃな大まかさと、 それに押し切られがちな章太郎と、ひたすらに真面目な佐々木さんのやりとりがおもしろかったです。


読了日:2005/07/19 →日記での言及ページ


瀬尾まいこ著作リスト