楽園のつくりかた(笹生陽子)/講談社

 「将来の夢っていうより予定」は「会社をつくって大もうけして、室内温水プールがついた宮殿みたいな家に住む」 ことだとふだんから口にしている星野優。「中学受験突破組から中高一貫教育をへて、一流名門大学へ進み、 一部上場企業に就職」という彼の計画は、中学受験を突破して1年半、中学2年生で打ち砕かれることになります。 理由は父親の実家への引っ越し。しかもそこはとんでもない田舎だったのでした。


 まず、田舎を賛美しすぎていないところ、安易に「都会の喧騒で疲れたこころが自然の中で癒される」 とならないところが好き。都会育ちの優くんにとっては、田舎生活は慣れないことの連続で、 最初はかえって疲れるものでしかないのですよね(笑)。


 終盤で切ない事情が明かされます。それを知ってから、はじめからもう一度読んでみると、 それまでに紡がれたエピソードの裏に、複雑な気持ちがあったことがわかります。


読了日:2005/10/14 →日記での言及ページ


笹生陽子著作リスト