ネコソギラジカル(上) 十三階段(西尾維新)/講談社ノベルス

 やっぱりおもしろかったですっ。戯言シリーズを読める楽しみをしっかりばっちり味わうことができました。 これまで語られていなかったけれど気になっていたことも、徐々に明らかにされていく兆しが見えたのが、うれしかったな。 あの人やあの人の過去や生い立ちにもちょっとだけ触れられています。
 いーちゃんがクビツリハイスクールで自分の本名を知った人として 名前を口にしていたあの想影真心は、私にとってずーっと気になる存在だったので、 最後の最後で登場したのはうれしい展開でした。 橙なる種ってこの人のことだったのですね。この後どーなるんだーっ!


読了日:2005/02/11 →日記での言及ページ


西尾維新著作リスト