夢の守り人(上橋菜穂子)/偕成社ワンダーランド

 このシリーズの登場人物たちの心の交流は、素朴なあたたかさを感じさせてくれます。それだけでなく、 人の心が持つ冷たく容赦のない面も、おざなりにせずに描いてくれるのが良いです。

「おれにはね、人がみんな、〈好きな自分〉の姿を心に大事にもっているような気がする。 なかなかそのとおりにはなれないし、他人にはてれくさくていえないような姿だけどね。  すくなくとも、おれはその姿をもって生きてきた。そして、どうしたらいいかわからないわかれ道にやってきたら、 どっちに歩んでいくほうが〈好きな自分〉かを考えるんだ。」(本文P176より)


読了日:2005/01/03


上橋菜穂子著作リスト