図書館の神様(瀬尾まいこ)/マガジンハウス

 高校時代のアクシデントにより、それまで懸命に打ち込んでいたバレーボールをやめざるを得なくなった、 清という女性が主人公。国語講師として高校に赴任し、バレー部を指導することを希望していたのに、 垣内くんという男の子がひとりきりの文芸部の顧問になってしまいます。この垣内くんがむちゃくちゃ素敵。 彼氏になってほしいと思いました。
 最初は「文学なんておもしろいわけはない」と思っていた清。その彼女が文芸部をバカにするような発言を職員会議でされた時、 それに反論するシーンが大好きです。


読了日:2005/02/02 →日記での言及ページ


瀬尾まいこ著作リスト