アーモンド入りチョコレートのワルツ(森絵都)/角川文庫

 3つの短編が収録されています。

【子供は眠る】
 夏のにおいがつんと立ちのぼってくるような作品。
 知ってしまってから、知ろうとしなかったことに愕然とした瞬間が切ない。

【彼女のアリア】  「旧校舎」ということばのひびきに漠然とした憧れがあります。 「旧校舎での出会い」とか言っちゃったらどきどきやときめきが2倍になります(笑)。 教室の風景とか、廊下の隅の埃とか、セーラー服とか・・・学校の風景がセピア色になってくっきり浮かんでくる作品。  ラストにたどりつくまでの数ページは、何度読んでもきゅんとしてしまう。 

【アーモンド入りチョコレートのワルツ】
 たいていの生徒が「へんな人」と決めつけて距離を置いてしまうようなピアノの先生、 絹子先生の「へんなところ」をおもしろがることができた、語り手の奈緒とその友達の君絵。 そこへ乱入といっていい入りこみ方をした、謎のフランス人サティのおじさん。 彼の覚えた数少ない日本語のひとつが「ンダンダ」だったというくだりにふきだしてしまいました。
 「よく言えば個性が強く、悪く言えばあくが強かった(P.138)」と称される君絵もかなり突飛な行動を見せます。 13歳にしてサティのおじさんを駆け落ちに誘ってしまうのですから(笑)。 でも、「負けるもんかと、だれにどう思われても負けるもんか(P.192)」と常に訴えているような言動、 強い態度を示しながら、時たま彼女が抱えているであろうさまざまな想いが見え隠れして、切ないです。
 強烈な個性を持つ人々に囲まれて、ひそかにコンプレックスをもつ奈緒の気持ちもわかる気がします。



 角田光代さんの解説もすっごくよかった。

 森さんの小説のやさしさというのは、肯定だと私は思っている。(中略)
 これはまぎれもない肯定だ。それが自分を守っているから受け入れるのではない、美しいから認めるのではない、 醜くても意味がなくとも、自分に利点なんかなんにもなくても、それがそこにすでにある、だから腕を広げて受け入れる。 森さんの小説を貫いているのは、この肯定ではないかしらと、私はいつも思う。

 こ、これだー!と思いました。わたしが森絵都さんの作品を読んでいて感じた肯定される嬉しさっていうのはこういうことなんだと、 ぴたりと言い当てられた感じがしました。


読了日:2005/08/25 →日記での言及ページ


森絵都著作リスト