陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎)/ノン・ノベル

 登場人物たちの言葉の応酬がおもしろかった。 引かれた伏線がきれいに回収されるので、気持ちがいいです。 銀行強盗の話、というとどこか物騒なのだけれど、のんびりしているというか、ほのぼのしているというか。  ところどころに深刻に思える問題も顔を覗かせているのですが、それも重苦しい感じはしなくて (決して軽く扱われているわけではないのだけれど)、 さっぱりと描かれているように思えました。


読了日:2004/08/05


伊坂幸太郎著作リスト