西の善き魔女5 闇の左手(荻原規子)/C・novels fantasia

 予想外の方向へとぐんぐん物語は広がっていき、この事態はどうやって収拾されるのかとハラハラしましたが、ラストに用意されていたオチにも大満足。
 世界は意外とあっけなく滅びてしまうものなの ――終盤で明らかになるグラールという国の史実は、そんな警鐘を鳴らしている気がします。
 確かに長い物語なのですが、この世界と、この世界に生きる人々を語るために、無駄なエピソードはひとつも無かったと思います。それぞれのキャラクターが事実を微妙に誤解していることから生じるずれた発言もおもしろいことこの上なかったです。


読了日:2004/07/29


荻原規子著作リスト