西の善き魔女4 世界のかなたの森(荻原規子)/C・novels fantasia

 これまで主人公のフィリエルは、何も知らなかったこともあって、 見ていてひやひやするような突拍子もない行動をしていたと思うのです。 けれど彼女は自分で見て聞いて感じ取り、世界の謎に触れ、たくさんのことを知っても、 自分の意志を信じて決断することができるのですね。

(正しいか、正しくないかは答えがでない。それでもあたしには、 捨てられるものとどうしても捨てられないものとがあるのだから・・・)【本文P213】

 彼女が胸につぶやいたこのセリフが、とても好きです。


読了日:2004/07/28


荻原規子著作リスト