クビツリハイスクール(西尾維新)/講談社ノベルス

 いーちゃんと他の登場人物との会話が読んでいてとっても楽しいです。 「クビツリ」でのいーちゃんは、哀川潤との会話のときテンションが高めだったように感じられました。
 けれどセーラー服も可愛く着こなしてしまう語り手いーちゃん、前二作もそうだったのですが、 「だからいったい過去に何をやらかしたんだよいーちゃん!」と言いたくなるような場面がいくつもありました。
 P94の「友に、謝りたいなあ」や P129の「思い出すまでもなく、ずっと思っている」といういーちゃんの言葉には、 なんだか切なくなりました。


読了日:2004/06/06


西尾維新著作リスト