1980アイコ十六歳(堀田あけみ)/河出書房新社

 学校の図書室で借りた本です。方言交じりの軽快な文章もおもしろかったのですが、それだけでなく、 日常生活の中で、ふと疑問に思うことはあってもそれ以上深く考えようとしない事柄を、 主人公のアイコはその先まで突っ込んで考えて、悩んでいて・・・読んでいて、 うんうんと思わずうなずいてしまいそうになったり、ほえーと感心してしまったりしました。


読了日:2004/05/25


堀田あけみ著作リスト